Q.数学を活かせる職業を教えて下さい。

Q&A

A.数学にどう関わるかで、職業は変わります。

関わり方は大きく4つ、「(1)数学をつくる」「(2)数学をはこぶ(広げる)」「(3)①数学を用いてサービスする」「(3)②ヒト・カネ・情報の視点から数学を支援する」になります。

参考記事:【理系のための就活講座】行きたい企業の見つけ方

具体的にいうと、(1)は大学教員や研究職など、(2)は書籍の流通、サイエンスコミュニケーターなど、(3)①は教師、データサイエンティストなど、(3)②はコンサル、金融、ITなどになります。

ちなみに、(3)①の補足をすると、数学は様々な産業(アニメ、セキュリティ、物流、金融など)で使われています。

Reference:使える!数学(週刊ダイヤモンド)

(3)②の金融について補足をすると、例えば、銀行員として、研究者をサポートする企業に融資をすることで、研究に貢献することも可能になります。

参考記事:【理系のための企業分析】三井住友銀行

なお、論理力や抽象化など、数学で培われる能力は、あらゆる職業で活かすことができます。

参考記事:【理系のための就活講座】理系学生の強み

また、『理系語録』では、「理系のキャリアを語録で学ぶ」をコンセプトに、理系や数学に関する記事をご紹介していますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋LINE3つの特長”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました