Q.火山地震学を活かせる職業を教えて下さい。

Q&A

A. ”火山地震学”にどう関わるかで、職業は変わります。

関わり方は大きく4つ、

  1.  ”火山地震学”をつくる(研究する)
  2.  ”火山地震学”をはこぶ(広げる)
  3.  ”火山地震学”の知識やノウハウを用いてサービスする
  4.  ”火山地震学”をヒト・カネ・情報の視点から支援する

になります。

参考記事:【理系のための就活講座】行きたい企業の見つけ方

具体的にいうと、(1)は大学教員やメーカーの研究職など、(2)は書籍の流通、サイエンスコミュニケーターなど、(3)は教師や防災、地球環境、エネルギー等に関するサービスを提供する会社(重工、資源採掘、プラントエンジニアリングなど)など、(4)は(1)〜(3)のような火山地震学に係る企業を支援するコンサル、金融(銀行、証券、保険 etc..)、IT(SIer etc..)になります。

上記に加え、大学での専攻が理学系か工学系によって職種が変わりますので、企業ごとの募集要項を確認して下さい。

ちなみに、(3)に関しては、「理工系学生就職ガイド」に、「防災」「地球環境」「エネルギー」と、「機械」「土木・建築」「電子・情報」「化学」「生命・バイオ」それぞれの関わり方(例.「防災」×「機械」に関する事業)と、関連企業(例.「防災」×「機械」に関する事業を行っている企業)が載っているので、参考になると思います。

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋LINE3つの特長”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました