”銀行は長期的な観点ではなく、目先の利益追求に励んでいる”

就活語録

大手総合商社の幹部は「銀行は長期的な観点ではなく、目先の利益追求に励んでいるように見える」と指摘する。

この幹部は、銀行業界は3年間の中期経営計画の達成が金科玉条のように位置付けられ、「数値目標達成のために営業現場に細かい目標が設定されているケースが多い」とみる。一方、「商社にも中期経営計画はあるが、さほど重視されていない。銀行とは大きく違う」と説明する。

そして、「商社にはそうした短期的なノルマはない。ビジネスが成功するまで努力する」と話す。この幹部は中国奥地で合弁会社を設立する任務を与えられたことがある。そのときに上司に命じられたのは、「成功するまで戻ってくるな」だったと言う。

Reference:“冬の時代”から復活した商社と銀行はどこが違うのか

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋LINE3つの特長”はこちら

友だち追加
「就活語録」とは

就活語録』では、「就活を語録で学ぶ」をコンセプトに、就活に関する言葉や記事、ニュースをご紹介しています。少しでも就活のお役に立てれば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” Our practice is to cultivate good seeds in the soil of our mind, knowing that they will mature and bloom in their own time.

ー Thich Nhat Hanh
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました