箕輪厚介「人は must can will の順番で、成長していく」

就活語録
この記事は約3分で読めます。

本記事は、”箕輪厚介「人は must can will の順番で、成長していく」〜語録ドットコム”から、一部抜粋して掲載しています。

by 箕輪 厚介(編集者)

僕の周りには「やりたいことがある人」はもちろん、「やりたいことを見つけたい人」も集まってくれるんですが、そういう人に「やりたいことを見つけろ」と言ったところで、結局「やりたいことがありません」となってしまうんですよね。

SHOWROOMの前田裕二さんと学生向けの対談をしたときに、このやりたいことがありません問題」が解決する方法を話してもらったので紹介します。

やりたいことは「意志」なので、英語でいうと「will」ですよね。

その下には「こういうことができます」という「can」、さらにその下には「これをしなければならない」という「must」があります。

人は「must」「can」「will」の順番で、成長していくと思うんです。

めちゃめちゃ強い「will」があるという人は、世の中のうちの5%くらい。

「やりたいことを見つけろ」と言ったところで、その5%が増えることはありません。

では、どうしたらいいか。

前田さんは学生たちに、「今までの人生で褒められたことを、全部紙に書いてください」というお題を出しました。

つまり、「あなたは何ができますか?」と聞いたんです。

「will」がなかったら、まずは「can」を見つけましょう

できること「can」を死ぬほどやった結果、周りに評価されたり、お金を稼げたりしたら、それがやりたいこと「will」になるかもしれません。(中略)

できること「can」がない場合は、その下のしなければならない「must」をやりましょう

会社でコピーをとらなきゃいけない」とか「飲み会で片付けしなきゃいけない」とか、仕事でもそれ以外でも、しなければならないことは絶対にあります。

だから、やりたいことも能力もなかったら、まずは「must」をやりまくる。

そうすると「can」ができるんです。(中略)

西野さんとかホリエモンとか、僕みたいな、超強い「will」を持っている人を見て、「must」も「can」もまったくやっていない状態で、やりたいことばかり探す人が多い気がします。

超強い「will」があるならいいんだけど、それもないのに「will」を頑張ろうとしてもしょうがないんですよ。

Reference:箕輪厚介が納得した「やりたいこと」を見つけたい人への最適解

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「就活語録」とは

就活語録』では、「就活を語録で学ぶ」をコンセプトに、就活に関する言葉や記事、ニュースをご紹介しています。少しでも就活のお役に立てれば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” I want to sing like the birds sing, not worrying about who hears or what they think.

ー Rumi ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました