伊藤哲史「線形代数は、グーグルの検索エンジンに使われている」

企業の数学
この記事は約2分で読めます。

by 伊藤 哲史(京都大学 准教授)

2015年12月中旬、冬休みを前にした京都大学のキャンパス。

理学部数学教室の伊藤哲史准教授(整数論)は、約50人の学生を前に、黒板いっぱいに数式を書き込んでいた。

教科は「線形代数」。理系の学部生だったら、いやでも取らなければならない数学の必修科目だ。

だが、伊藤准教授がこう話すと、嫌々授業を受けていた学生たちの頭がふと上を向いた。

「ここに示したのが、実は、グーグルの検索エンジンに使われている数式なのです」

まさか、こんなところに数学が使われているとは、思いも寄らなかったのだ。

Reference:週刊ダイヤモンド 2016年 1/23 号 [雑誌] (使える! 数学)

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「企業の数学」とは

企業の数学』は、企業を支えている、仕事で役立つ数学をご紹介しています。理系が活躍できる幅広いフィールドがあることを知って頂けば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” Often it’s the deepest pain which inspires you to grow into your highest self.

ー Karen Salmansohn
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました