森岡毅「マーケティングは何でも数式にできる」

企業の数学
この記事は約3分で読めます。

本記事は、”森岡毅「マーケティングは何でも数式にできる」〜理系屋”から、一部抜粋して掲載しています。

by 森岡 毅(刀 代表取締役CEO)

森岡 私はもともと理系で、数学は得意でしたが、感覚的な分野が劣っていて、ファジー(曖昧)な国語が非常に苦手だったんです。だから何事もロジカルにしないと咀嚼できなかった。そのため、マーケティングについても、20代のころから自分で数学的に体系化する訓練をしてきました。マーケティングは何でも数式にできるんですよ。

佐藤 感覚的な部分もですか。

森岡 私は、人が物事を選択するときの脳の中の構造は、何についても同じではないかと思っています。コンビニで水を選ぶのも、どの子が好きなのか選ぶのも、脳の中では同じことが起きている。

佐藤 なるほど。

森岡 例えてみれば、頭の中に10面体のサイコロがあって、5面がディズニーランド、2面がUSJ、残り3面には他の地域のテーマパークと書いてある。どこかテーマパークに行こうと思った人は、それを頭の中で振る。すると、半分はディズニーが出るわけですね。人が何かを選ぶにあたって何度もサイコロを振ると、一定の結果が出てきます。その出目の回数に加重平均をかけた社会のまとまりが市場シェアになります。

佐藤 その選択が数式で表せるのですね。

森岡 選んだ行動を統計学確率論的に計算すると、一つの数式で説明がつきます。それは「負の二項分布の数式」と呼ばれるものです。

佐藤 大学数学のレベルになりますね。

森岡 ええ、これは私の中でも大きな発見でした。この数式自体は数学好きな人だけにわかればいいのですが、要は、人間は意識的にも無意識的にも、いくつかのオプションの中から、「怠惰な脳」が何かを選ばせているということなんです。

Reference:森岡毅(刀 代表取締役CEO)【佐藤優の頂上対決/我々はどう生き残るか】

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「企業の数学」とは

企業の数学』は、企業を支える、世の中の役に立っている数学をご紹介しています。理系が活躍できる幅広いフィールドがあることを知って頂けば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” Treat Yourself Gently – Don’t confuse authenticity with perfection. Being authentic means that you embrace and love your imperfections.

ー Panache Desai ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました