大田佳宏「新しい数学を使えば、社会課題は解決できる」

企業の数学
この記事は約2分で読めます。

by 大田 佳宏(アリスマー 代表取締役社長兼CEO)

「数学が何の役に立っているかわからないという方もいますが、実は数学はあらゆる科学技術の基礎。だから新しい数学を入れるだけで今までできなかったことが急にできるようになる

その一つが冒頭に紹介したAIによる浸水高の計測だ。開発のきっかけは大手損害保険会社の三井住友海上火災保険から「迅速かつ正確な損害調査手法の確立が課題」と聞いたことだ。

アリスマーはわずか3カ月でAIによる流体シミュレーション技術の開発に成功。使用したのは大田社長の専門で、対象領域を非常に細かく分割して判別を行う「超離散系数学」だ。最初は数千軒分の浸水予測ができると伝えても信じてもらえなかったため、過去に起きた実際の水害のデータをもとに実験してみせたところ、実際の浸水高とほぼぴったりという結果が出た。三井住友海上は今年4月からこの手法を導入する。(中略)

「GPS(全地球測位システム)に使われたのは100年以上前に確立されたリーマン幾何学で、数学が社会還元されるまでには長い時間がかかる。それはとてももったいないことです。最先端の数学を使った新しい技術で、今の社会課題を解決していきたい

Reference:東大発“数学ベンチャー”驚異の技術力 AIを使って浸水調査を半年→1時間に短縮

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「企業の数学」とは

企業の数学』は、企業を支えている、仕事で役立つ数学をご紹介しています。理系が活躍できる幅広いフィールドがあることを知って頂けば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” I want to sing like the birds sing, not worrying about who hears or what they think.

ー Rumi ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました