宇野郁夫「生命保険経営は、確率・統計に支えられている」

企業の数学
この記事は約2分で読めます。

by 宇野 郁夫(日本生命保険 名誉顧問)

生命保険は、加入者の将来のリスクを、生命保険会社が肩代わりする商品ですが、これらの商品は、確率・統計や解析学などの数学的基盤で構成されていると言っても過言ではありません。

そのため、これまで述べてきたように、日本生命では、経営企画や商品開発から退職金コンサルティングに至るまでの重要な業務の多くを、数学・保険数理の専門家であるアクチュアリーに委ねています

Reference:数学は役に立っているか? (『数学が経済を動かす』日本企業篇)

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「企業の数学」とは

企業の数学』は、企業を支えている、仕事で役立つ数学をご紹介しています。理系が活躍できる幅広いフィールドがあることを知って頂けば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” It’s not about overnight success, it’s about getting great over time.

ー Marie Forleo ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました