インターンシップ

スポンサーリンク
就活語録

村上臣「新たな環境で成果を出す秘訣は、自分が何をすると楽しいかを知っておくこと」

本記事は、”村上臣「新たな環境でも成果を出す秘訣は、新しいことをいったんは受け止める、自分が何をすると楽しいかを知っておく、環境適応というスキルを身に付ける」〜語録ドットコム”から、一部抜粋して掲載しています。 -- by村上 ...
Q&A

Q.インターンでは、業界や職種を絞りすぎない方がよいと聞きますが、何を基準に選べばよいのでしょうか?

A.インターン先は、興味、能力(専門性)、価値観(企業が求める人物像)を基準に選んで下さい。
Q&A

Q.人事はインターンシップでどのようなところを見ていますか?

A.求める人物像に照らし合わせて見ています。
理系のための就活講座

【理系のための就活講座】インターンシップの概要

インターンシップは大きく3つに分類できます。講座型と体験型と研修型です。
Q&A

Q.インターンシップは、「参加する内容」と「参加する企業」のどちらを重視したらよろしいでしょうか?

A.目的によって変わります。 「幅広く業界や企業研究をしたい」、「業務内容を知りたい」、「能力を向上させたい」なら目的に合わせたインターンに参加すべきです。
Q&A

Q.インターン後は何をしたらよいですか?

A.興味(面白そうか)、能力(企業に貢献できそうか)、価値観(求める人物像足るか)の観点から、ご自身の適性を振り返ってみてください。
Q&A

Q.大学院生であることが、インターン参加で不利になることはありますか?あるいは、院生だから有利になることはありますか?

A.理系の場合は、大半が大学院生なのでインターン参加へのネックになることはありませんが、博士課程は業界によっては若干ネガティブに捉えられることはあります。
Q&A

Q.自分に合ったインターンの選び方をお聞きしたいです。

A.興味(面白そうか)、能力(企業に貢献できそうか)、価値観(求める人物像足るか)の3点で判断できます。
Q&A

Q.インターンシップの倍率はどれくらいですか?

A.人気企業なら3桁いきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました