Q.ベンチャーの良い点、悪い点を教えていただきたいです。

Q&A
Q&A
この記事は約3分で読めます。
上野洋平
上野洋平

A. どういう働き方がしたいかによって、良い点と悪い点は変わります。

企業を分析する切り口として、会社の経営資源である「ヒト(従業員など)・モノ(製品やサービスなど)・カネ(企業が事業で使えるお金や社員の福利厚生など)」があります。

これらの観点から、大企業との比較を通して、良い点と悪い点を考えてみます。

良い点
  • ヒト:人数が多くないので裁量は大きい、大手企業ではできないサービスや世の中をより良くしたい人が創業者であることが多い
  • モノ:他社と差別化している業務や技術力を持っていることが多い
  • カネ:働き方に自由度がある企業が増えている、未上場でストックオプションを導入している企業であれば上場時に多くの利益が出ることも
悪い点
  • ヒト:優秀な人が少ない(知名度がないと優秀な人が集まりにくい)、新卒は採用されにくい(即戦力として中途社員がメインに採用される)
  • モノ:事業領域が狭いので色んな事業に携わりたい人には不向き
  • カネ:研究開発などの予算が限られていることが多い、有事の際に資金ショートを起こす可能性が高い(倒産、他社による買収)、給与や福利厚生が充実していないことが多い

以上、僕が思う良い点と悪い点を記載しましたが、どういう働き方がしたいかによって、良い点と悪い点は変わるのでご注意ください

自己分析する理由は、”ESや面接で聞かれるから”というのもありますが、自分の人生をより良く生きるために必要な作業です。

今回は、大企業とベンチャーを比較しましたが、業界研究や企業研究を通して得られる情報は、自分の価値感に気づく方法として有効ですので、ぜひやってみて下さい。

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科(理系)修了後、三井住友銀行に入行。理系学生の採用に従事したことがきっかけで人材ビジネスを開始し、これまで、大学での講演含め、就活セミナーの開催や理系就活生向けの書籍出版、新卒・中途支援会社での理系採用支援など、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。現在は、理系屋代表として、理系の就職、転職、採用、キャリア教育の支援を行う。

上野 洋平をフォローする
スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました