就活で大切なのは、就活軸を知ること

就活読本
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

自分の就活軸に気付こう

就活支援をしていると、金融に興味のある学生さんの志望業界は、被ることが多いです。

金融以外でいうと、商社とコンサルで迷っている方をよく見かけます。

その際、僕がアドバイスしているのは、「業界は、比較しながら絞り込んでいく」ということ。

ちなみに、業界は3つしかありません。

3つの業界というのは、(1)製造業、(2)流通業、(3)サービス業です。

モノを作るのが製造業、モノを運ぶのが流通業、製造業が作ったモノを用いてサービスしたり、製造業や流通業をサポートするのがサービス業のイメージです。

Reference:【理系のための就活講座】行きたい企業の見つけ方

商品やサービス、給与、福利厚生、身に付く能力など、比較する基準には何を選んでも良いのですが、この方法のメリットは、選んだ基準から、業界を選ぶ上であなたが重視していること、つまり、自分の就活軸を可視化できる、という点にあります。

今回でいうと、銀行に興味のある学生の多くは、商社とコンサルを志望しているため、前者であれば流通とサービス業、後者であればサービス業同士の比較を通して、就活軸を見つけることになります。

判断するには情報が必要

就活軸さえ分かれば、あとは必要な情報を集めるだけなので、結論は出しやすくなります。

GACKT「自分の中のブレない美学に照らし合わせれば、自ずと何を選べばいいかが見えてくる」

GACKT「人生とは非常にシンプルな数学」

ただ、就活軸が決まっていない、もしくは、わからないという方も多いと思います。

実は、就活する上で、最も重要、かつ、難しいことは、自分の就活軸を知ることです。これは、志望企業が言えても、志望理由を上手く説明できない学生が多いことからも明らかです。

このような場合は、業界研究を通して得られた情報から、就活軸を探すことをおすすめします。

例えば、金融は、目に見える商品を扱うメーカーとは違って、お金という形のない商品を扱います。また、銀行は転勤や異動が多いので、様々な業務を経験することができます。ですので、人間性で勝負したい人や成長したい人には銀行は向いているといえます。

反対に、モノ作りが好きな人や、1つのことに打ち込みたいという人には向いていないかもしれません。

このように、業界研究を通して得られる情報は、自分の興味や能力、価値観といった自身の就活軸を知るための判断材料になります。つまり、業界研究をするということは、同時に、自己分析もしていることになるわけです。

【理系のための就活講座】自己分析のやり方

よく、自分が将来何をやりたいのかわからないという人がいますが、その原因も、判断するための情報が不足していることが多いです。

就活軸が決まっていない、もしくは、わからないという方は、業界研究を通して得た情報から、就活軸を探す方法を『銀行の赤本』に記載していますので、参考にしてください。

金融以外の業界を志望している場合でも、一通り『銀行の赤本』を読めば、他の業界研究にも応用できると思います。

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科(理系)修了後、三井住友銀行に入行。理系学生の採用に従事したことがきっかけで人材ビジネスを開始し、これまで、大学での講演含め、就活セミナーの開催や理系就活生向けの書籍出版、新卒・中途支援会社での理系採用支援など、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。現在は、理系屋代表として、理系の就職、転職、採用、キャリア教育の支援を行う。

上野 洋平をフォローする

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「就活読本」とは

『就活読本』は、就活に関するコラムです。就活以外にも、人生や成功、キャリアなどを考察しています。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” Forgive them. So you can be free. So you can be happy. So you can go on living your life.

ー Haemin Sunim
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました