「内定=幸せな就職」とは限らない

就活読本
この記事は約3分で読めます。

すでに興味がある企業や職種がある場合、なぜその企業に興味があるのか、その職種で活かせる能力はあるのかを考えることで、自己分析することは可能です。

【理系のための就活講座】自己分析のやり方

注意しなければいけないのは、業界や企業、職種を選ぶ理由の根拠が自分を偽ったものである場合、就職できたとしてもミスマッチが起きる可能性が高くなるということです。

僕は、学生支援以外に、転職者支援もしているのですが、知名度やブランドだけで就職先を選んでしまい、入社してから悩まれる方をこれまでたくさん見てきました。

知名度やブランド名で企業を選ぶことが必ずしも悪いとは言いません。明確な理由があればいいと思います。

しかし、悩んでいる方に共通しているのは、将来のビジョンややりたいことを聞いても、明確な理由が返ってこないこと。つまり、自分の将来や過去を、”言語化”できないのです。

就職活動をする上で大切なのは、「なぜその企業に興味を持ったのか」、「なぜその仕事ができると思ったのか」など、自分自身について、説明すること。

自分を説明できないと、学歴に関係なく、選考を通過することは難しくなります。

満足のいく就職をするため、また、幸せな働き方をするためには、自己分析は避けては通れません。遅かれ早かれ行う必要はあるのです。

前田裕二「人生の軸に基づいて生きていけば、幸せになれる」

また、業界や企業、職種を決めるのは、自分自身です。答えは、自分の中にしかありません。誰も教えてはくれないのです。

「内定=幸せな就職」にしたいなら、しっかりと自己分析をして、業界、企業、職種を就活軸から選ぶようにしてください。

自己分析と選考対策を纏めてできる“自己分析シート”

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科(理系)修了後、三井住友銀行に入行。理系学生の採用に従事したことがきっかけで人材ビジネスを開始し、これまで、大学での講演含め、就活セミナーの開催や理系就活生向けの書籍出版、新卒・中途支援会社での理系採用支援など、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。現在は、理系屋代表として、理系の就職、転職、採用、キャリア教育の支援を行う。

上野 洋平をフォローする
スポンサーリンク

「就活読本」とは

『就活読本』は、就活に関するコラムです。就活以外にも、人生や成功、キャリアなどを考察しています。

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加

−−

” The most important thing in life is to learn how to give out love, and to let it come in….

ー Mitch Albom ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました