桜田謙悟「会社選びは、深刻に考えなくていい」

就活語録
この記事は約2分で読めます。

by 桜田 謙悟(SOMPOホールディングス 代表取締役社長兼CEO)

桜田 これからOB・OG訪問をすると思いますが、先輩の話を聞いてもわからないと思います。なぜなら、「うちの会社はダメな会社」だと正直に言う人はあまりいません。だいたい人事部にしつけられていますから(笑)。大事なのは、あなたが何をやりたいのかということが先にあって、それを実現するための仕事は何か、と考えることなのです。

だから、会社選びをあまり深刻に考えなくていい。というのも、「就職」より「就社」の方が、外れる確率が高いからです。自分に合わない文化の会社だったとか、この会社では自分のやりたい仕事は見つからなかったということは当然、あり得るんです。そうしたら場所を変えるしかない。転職を前提くらいの気持ちでいることは大事ですね。私は新入社員に、「転職するなら3年以内に」とよく言っています。

松本 すぐ辞めたら根性無しだと思われませんか?

桜田 米国シリコンバレーにあるビッグデータ解析の会社と合弁会社をつくりました。スタンフォード大卒の優秀な人ばかりですが、この会社にいる人たちは2~3年で飛び出してどんどん変わっていく。日本のように10年以上もいないんですよ。嫌な仕事を我慢して続けることが根性があるとは考えていなくて、根性が本当にある人というのは、自分のやりたいことに向けて飛び出していける人なんです。

Reference:就社より就職、転職の勇気 「嫌な仕事は我慢するな」

スポンサーリンク

「就活語録」とは

就活語録』では、「就活を語録で学ぶ」をコンセプトに、就活に関する言葉を紹介しています。少しでも就活のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました