【理系のための就活講座】志望動機&自己PR作成シート活用法

理系のための就活講座
理系のための就活講座
この記事は約3分で読めます。

【理系のための就活講座】志望動機の作り方と、【理系のための就活講座】自己PRの作り方を読んで頂いた方は、志望動機、自己PRには、それぞれフローチャートがあり、そのフローチャートを完成させるためには、「業界や企業に関する知識」と「就活軸」の2つが必要だということがわかって頂けたのではないかと思います。

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。法人営業のほか、本部にて、法人営業部が抱える高難度案件のサポートや市場系・リスク管理系システムの企画開発に携わる。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。高校生と大学生を対象に、就職支援、キャリア教育、学習支援(数学、SPI)を行う。【研究レポート】名言に学ぶキャリア論 〜成功法則のモデル化とモデルを用いた天職の探し方(https://rikeiya.com/report/202108)
【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)

上野 洋平をフォローする

ただ、これらのことは言葉にすると一言で終わりますが、実際にやろうと思えばとても大変です。

これまでの経験から言うと、就活生が志望動機と自己PRをきちんと言えるようになるのに、早くても3ヶ月ほどかかります

アドバイスをしながら、何度も何度もブラッシュアップを繰り返して、それくらい時間がかかるものなので、1人でやろうとしても恐らく無理です。

業界や企業情報、裏付け用エピソードの選び方といった、志望動機や自己PRを作る際に必要となるノウハウは、経験者から学ぶのが一番です。

そのため、理系就活一問一答では、銀行を例にとって、志望動機と自己PRのフローチャートを完成させる方法を銀行の赤本』の中で紹介しています。

【銀行対策シリーズ】銀行の赤本
『銀行の赤本』は、銀行や金融機関への就職を目指す方や、就活のやり方がよくわかっていない就活初心者の方に、銀行に関する情報と内定のノウハウをお届けします。

今の段階で銀行や金融機関に興味がない人も、一通り『銀行の赤本』を読めば、自己分析や、業界・企業・職種研究の具体的なやり方を学ぶことができます

また、もしかすると、「金融」という選択肢が増えるかもしれません。

もともと金融に興味がある人なら、ポイントを押さえた志望動機や自己PRが作れるようになるでしょう。

就活初心者の方も、読んでいくうちに、就活がどういうものかわかってくると思います。

加えて、『銀行の赤本』には専用シートがあります。

このシートは、僕が就活生の時に、志望動機と自己PRを効率的に考えるために作ったもので、これまでたくさんの内定者を輩出してきました。

銀行の赤本に書いてある情報を、このシートの空欄に転記していくだけで、銀行に内定するポイントを押さえた志望動機と自己PRが作れるからです。

志望動機と自己PRが纏めて作れる『自己分析シート』

シートの詳しい使い方やシートを用いたアドバイスをご希望の方は、「理系屋LINE公式アカウント」にご登録の上、ご連絡ください。

スポンサーリンク

おすすめの記事

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました