【理系のための就活講座】就活のポイント

理系のための就活講座
理系のための就活講座
この記事は約3分で読めます。

就活には、大きく2つのポイントがあります。

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科(理系)修了後、三井住友銀行に入行。理系学生の採用に従事したことがきっかけで人材ビジネスを開始し、これまで、大学での講演含め、就活セミナーの開催や理系就活生向けの書籍出版、新卒・中途支援会社での理系採用支援など、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。現在は、理系屋代表として、理系の就職、転職、採用、キャリア教育の支援を行う。

上野 洋平をフォローする

1つ目は、戦略的な就活を心掛けること。なぜなら、選考の期限は決まっているからです。

大切なのは、選考で必要なことから逆算すること。

例えば、数学。

僕は、数学が苦手な人が多いのは、数学のゴールが何なのかを最初に教えずに、単元だけをひたすら教え続けることに原因があると考えています。

西成活裕「文系が数学で挫折する理由は、ゴールが見えないから」

就活も同じです。

やみくもに就活や自己分析をしても、あまり意味はありません

現行のルールでいえば、採用活動が解禁となる来年の3月までに、業界、企業、職種研究に加え、インターンや本選考対策(ES、面接、グループディスカッション、SPI、筆記試験など)、公務員試験対策など、学業以外にやらなくてはいけないことはたくさんあります。

時間切れで、満足のいく就職が出来なかった学生を僕はたくさん見てきました。

満足のいく就活をするためには、戦略的な就活をすることがとても大切です(上図内の“自己分析シート”については別の記事で改めて説明します)。

2つ目は、自己分析で自分の軸を見つけること。

「内定=幸せな就職」になるとは限りません。企業の求める人物像に合わせにいく就活をしても、企業とのミスマッチの原因になります。

また、就活には、受験勉強のような明確な答えがありません。答えは自分で見つけるしかないのです。

特に、研究で忙しい理系学生、部活をしている学生、留学や教育実習の予定がある学生は、できるだけ早いうちに、就活のやり方を学んでおくことをお勧めします。

業界や企業、職種を決めるのは、自分です。答えは、自分の中にしかないことを、理解して下さい。

スポンサーリンク

『理系就活ちゃんねる』をフォローして最新記事をチェック!

「理系のための就活講座」とは?

『理系就活一問一答』では、理系就活に関するご質問やお悩みにQ&A形式で回答しています。解説が必要な場合は、「理系のための就活講座」で補足しながら質問に回答しています。

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました