【理系のための就活講座】インターンシップの概要

理系のための就活講座
理系のための就活講座
この記事は約3分で読めます。

インターンシップは、講座型、体験型、研修型の大きく3つに分けられます。

幅広く業界や企業研究をしたいなら講座型、業務内容を実際に体験したいなら体験型、ビジネススキルなどの能力を向上させたいなら研修型を中心に選ぶと良いと思います。

この記事を書いた人

京都大学大学院エネルギー科学研究科修了後、三井住友銀行に入行。法人営業のほか、本部にて、法人営業部が抱える高難度案件のサポートや市場系・リスク管理系システムの企画開発に携わる。理系採用に従事したことをきっかけに人材ビジネスを開始。以来、10年以上、一貫して理系に特化した就職、採用支援に携わる。理系のキャリアの魅力をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、理系屋(http://rikeiya.com/)を設立。高校生と大学生を対象に、就職支援、キャリア教育、学習支援(数学、SPI)を行う。【研究レポート】名言に学ぶキャリア論 〜成功法則のモデル化とモデルを用いた天職の探し方(https://rikeiya.com/report/202108)
【運営サイト】名言や格言によるキャリア支援サイト〜語録.com(http://career56.com/)、理系就活のプロが理系就活のお悩みを解決〜理系就活一問一答(http://rikeishukatsu-q-a.com/)【関連書籍】「自分を活かす」進路を選ぶ! 最新理系就職ナビ(https://amzn.to/2FaJbj8)

上野 洋平をフォローする
スポンサーリンク

インターンシップの形式は3つ

講座型体験型研修型
内容企業紹介や業務内容の説明がメイン工場や研究所など、企業で実際の業務を体験企業から与えられた課題を通して、ビジネススキルを育成
メリット業界や企業研究が幅広にできる業務内容を(ある程度)理解することができるプログラミングや課題解決力など、ビジネスで必要な能力を向上させることができる
デメリット体験型や研修型と比較して情報量が少ない複数のインターンに参加しにくい与えられる課題によっては実務と関係ないことも
期間1~2日間1週間〜1ヶ月1週間〜1ヶ月

インターンシップは、自分が何に向いているか理解するために参加するもの。ですので、興味があったり、能力(専門性)を活かせそうな内容であれば、参加すればいいと思います。

ただ、理系学生は、研究や学会などで拘束されることが多いため、インターンシップのスケジューリングは早めにしておいた方が良いです。

加えて、日頃から研究室の教授や指導教員とは、良好な人間関係を築いておくことをお勧めします。

どうしても参加したいインターンシップがあった際に、参加できる可能性を少しでも高めることができるからです。早めに報告、相談できる環境を作っておくことも、理系学生の就活では大切です。

その他、理系学生にありがちなのは、インターンシップ応募の締切日が、試験やレポートと重なってエントリーできなかったり、就活生が”とりあえず”でエントリーして、本選考以上に倍率が高くなっている人気企業や有名企業を受けるにも関わらず、何の対策もせずに撃沈、といったケースです。そうならないためにも、早いうちから就活の準備を始めておいて下さい。

最後に。理系の活躍フィールドは、皆さんが思っている以上に広がっています。そのため、メーカーだけでなく、金融やIT、コンサルなども早いうちに見ておくといいと思います。

おすすめの記事:【理系のための就活講座】仕事選びにおける視野の広げ方

【理系のための就活講座】仕事選びにおける視野の広げ方
...

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました