長谷川閑史「マーケティングで、二項分布を使用する」

企業の数学
この記事は約2分で読めます。

by 長谷川 閑史(元 武田薬品工業 代表取締役社長)

販売部門は目標売上高等多くの「数字」を扱いますが、勿論「数学」とも係わり合いがあります。

販売やマーケティングの計画策定の場面で、「二項分布」を始めとする数学を販売額・市場規模の予測を行う時に使用します。

特に、市場ニーズがどこにあるのかを定量的に解析する時には推計統計学的な手法を含め数学の活躍の場は多くあります。

Reference:数学は役に立っているか? (『数学が経済を動かす』日本企業篇)

スポンサーリンク

友達限定!ラインで無料相談!就活イベント参加無料!

理系屋LINEお友だち募集中!
就活、キャリアに関するお悩み相談やイベントに参加されたい方は、「理系屋LINE 公式アカウント」にご登録下さい!公式アカウントにご登録頂いた方限定で、LINEでの無料相談や就活イベントにご参加頂けます。”理系屋サービスの特長”や”よくあるご質問”はこちら

友だち追加
「企業の数学」とは

企業の数学』は、企業を支えている、仕事で役立つ数学をご紹介しています。理系が活躍できる幅広いフィールドがあることを知って頂けば幸いです。

理系屋LINEにお友だち登録頂いた方限定で、理系のキャリアに関するお悩みをLINEで無料ご相談頂けます!

−−

” The most important thing is to enjoy your life—to be happy—it’s all that matters.

ー Audrey Hepburn ”
Top Photo By BK, on Flickr

タイトルとURLをコピーしました